2006年07月04日

日本の遊びシリーズその9っっ。「影絵遊びっっ。」

え(絵?)ブログ 168作でございますっ。

日本の遊びシリーズその9っっ。「影絵遊びっっ。」・・・それは肝試し。ーーー。

影絵.jpg

もはや、「影絵遊び」なのか「肝試し」なのか分らなくなってますが・・・。

この「影絵遊び」とは「日本の遊び」か「日本の風物」か迷ったんですが、取りあえず
遊び、と言う事にしてみます。



昔、カニやらウサギやらの主に動物系を手で作った影で形作っていましたね。

障子に形を映して遊ぶ、というのは

何でも、江戸の頃は庶民の間で流行した様です。

最近は見かけないし、話にも聞かないこの「影絵遊び」ですが、今の子は知らないでしょうね。



似た様なモノで、切り絵の影絵を使った劇団とかもありますよね。

日本古来のモノ、とは言えないかもしれませんが、

光と影、だけで表現する、と言う単純さに、懐かしさを感じます。

posted by 石井 けん at 00:59| Comment(11) | TrackBack(0) | 日本の遊びシリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
影絵も懐かしいですね。今は、和室も減ってしまっているから、知らない子もいるのかな?
でも、幼稚園で、やった事あるから、やっぱりしってますかね?
今日も笑顔を、ありがとう。
Posted by 753 at 2006年07月04日 17:11
今晩はでございまする 夫ヒヨさん <(_ _)> ぺこりん

……て……ん?Σ( ̄Д ̄|||

「ば…ば…化け物おおおおを〜〜っ!!
夫ヒヨさんに何処とな〜く似た、
でも更に横に広がった顔とハラの……
化け物が障子の向こうにいいいいい〜〜っ!!」

「悪霊退散っ!」C======= |=ハ( ̄皿 ̄ ) カメハメハ!!

「わぁ〜い…飛ばされちゃったピヨ…」゜.+:。(ノ^∇^)ノ゜.+:。

かくしてピヨの世界は守られた。
しかし化け物に食べられたのか、
それ以後、夫ヒヨの姿を見た者はいなかった。

負けるな、皆の夫ヒヨ!
自慢の体脂肪バリアで、苦難のデトックス海を泳いで帰って来い!!

ん?(’’;)
ああ、見間違えました。
「影絵」でしたのね。失礼しましたわん!(´0ノ`*)オホホホホ!

「影絵」は今でも良くしますよ。
我が家は四方が障子だらけですから ヾ( ̄∇ ̄〃)>
Posted by 主家の一生 at 2006年07月04日 23:12
753さん
いらっしゃいませー。

少しでもウケて頂けるのなら、

「芸人」?冥利につきます。

影絵、こんな絵を描いておいてなんですが、
すっかり忘れてしまった自分を発見。

イラストのぴよ子の手形では障子の影には
ならないとわかりつつも・・・
ネットで検索してもなかなか出て来なくて・・
(; ̄ー ̄A アセアセ・・・

ちょっと手抜・・・いえ、省略化
( ̄Д ̄;;


Posted by 石井 けん at 2006年07月05日 02:32
主家の一生さん
いらっしゃいませー。

<(_ _)> ぺこり。

o( ̄д ̄)肉)肉)体脂肪バリアっ。

さて、日頃、良い子にしている

一生お嬢さんは有る夜、目を開けると
四方の障子にはなんとスマートなヒヨコの姿。

「ひよこ影分身。」
「・・・所で良い子にはこれをあげましょう」
あら不思議、翌朝、たっぷりの体脂肪が・・・。

体脂肪イル?( ̄ー ̄)_旦~~
Posted by 石井 けん at 2006年07月05日 02:41
いらんっ!!☆-ヾ(  ̄っ ̄)ピンッ!!
Posted by 主家の一生 at 2006年07月05日 03:20
けんさん、こんばんは。

影絵とは、また古風でいいですね。

子どもたちにしてあげると喜ぶでしょうね。

でも、ろうそくが立っていると恐いですね。

怪談百物語・・・・・

こっちは子どもたちにすると泣き出しそう・・・

明日は、子どもたちと短冊を飾りま〜す。
Posted by ゆうや at 2006年07月05日 20:13
PekoというHNについてはメールを見てください。
メールを見ればなっとくすると思います。
この時期にピッタリの絵ですね。
なんか怖くてひよこがビクビクしています。
こういう話って怖いけどついつい聞いてしまうものですね。
影絵の定番といえば・・・
犬とかですよねぇ〜
むしろそれしかしらなかったりw
Posted by Peko at 2006年07月05日 21:02
いや案外、あしながおじさんみたいに慕われるかも。
影に写る足…「まああの方は!」みたいに。
(スランプから復帰したつもりなんですが)
Posted by Q@N デイリーさくら at 2006年07月05日 22:20
ゆうやさん
いらっしゃいませー。

保護者さん達と「影絵の会」なんて
どうでしょうか?

真っ暗な場所と明かりと手や切り紙、だけで
出来そうな遊び・・・。こう考えるとお手軽だなぁ・・・。

百物語・・・そうそくが百本並んでいる。と言う
情景だけで泣く子が出て来そうです。
こちらはおすすめしません。

もうすぐ七夕ですね。
どんな願い、書くんでしょうか?

ところでブログのイラストはお手製ですか?
Posted by 石井 けん at 2006年07月06日 01:15
Pekoさん
いらっしゃいませー。

メール拝見、納得しました。

影絵の定番として「カニ」とかありますが、
もうほとんど忘れてしまってます。

ひよこは無いか、とネットで探したんですが、
見つからず。
Posted by 石井 けん at 2006年07月06日 01:18
Q@Nデイリーさくらさん
いらっしゃいませー。

あしながおじさん
すらっと長い足・・

影に映るには、「長い、すらっとした足」
は必要不可欠ですね・・・。

・・・自分の場合は座高が高いので、必然的に

「たんそくおじさん」

とかのタイトルになります。

もし、本がこんなタイトルだとメルヘンでは無く
喜劇です。

メルヘンのタイトル以前に
通常のイメージとしても
ダメダメな三枚目な名前です。
Posted by 石井 けん at 2006年07月06日 01:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
海外ドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。