2007年02月26日

なりきり料理シリーズその73っっ。「他人丼っっ。」

え(絵?)ブログ 267作でございますっ。

なりきり料理シリーズその73っっ。「他人丼っっ。」・・・というより不法侵入??・・・

他人丼

ヒソヒソばなしのともちゃんにコメント上にて
ネタ元を頂きました。

「他人丼」・・・「親子丼」のトリの代わりに牛肉や豚肉を使った料理。

食べた事が無いんですが、

関東では「開花丼」と呼ばれる様です。

牛肉、豚肉は地域により違う様ですが、牛の方がいい味が出そうですよね。

(ちなみに、開花丼の名前は文明開化の時に日本に入って来たタマネギを使用した為だとか・・。)


他人が自宅にどかどか入ってくるのはカンベン願いたいですが、

オナカが膨れる、美味しい他人ならどんどん入って来てもOKです。

でも、オナカに体脂肪がどかどか入って来るのはやはり、カンベンです。C= (-。- )












posted by 石井 けん at 03:09| ☀| Comment(11) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
けんさん こんにちは〜
この丼の絵は最高ですね〜観てて楽しいです。
あんた・・・誰? ひよこ夫婦の表情も面白いし ブタちゃんも可愛いし・・・もう最高ですよ〜〜
他人丼って聞くけど・・卵を撮り以外のものに混ぜたものって意味かしら・・? =^-^=
Posted by にゃん吉 at 2007年02月26日 13:22
おぉ。他人丼。
私が学生時代何度か学食で出たんです。
にゃん吉さんがおっしゃる通りだと。
学食では豚肉でしたが味付けは親子丼です。(^^;)
いいですねぇ。ピンクピッグ。
今後も何かの折に登場させてください。
Posted by ともちゃん at 2007年02月26日 22:57
夫ヒヨさま、今晩はです。
このイラスト、とても楽しいです(^o^)
丼に書いてある「赤の他人」の文字がナイスです(^^)v

鶏卵と鶏肉を使ったのが「純正親子丼」だとすると、
前の晩におとんが食い残したマグロの刺身を
翌朝、勿体無いからと言って卵でとじて
どんぶり風にご飯に乗せて作ったウチの丼は
さしずめ「リサイクル丼」と申せましょう(^^)v

これははたして「他人丼」の仲間として認可を
受けられる物なのでしょうか?
Posted by 杜 藤流 at 2007年02月27日 01:15
豚さん夫婦が入り込んで立ち尽くしてるのがいいですね〜。(^・^)
私は外では親子丼は食べずに他人丼をよく食べました。京都では他人丼は牛肉と卵ですね(どこでもそうですね)。
前もコメントに書いたと思うのでひつこいですが、店の人が(この人はトリが苦手なんだ)と思ったのか、鍋焼きうどんにも鶏肉の代わりに牛肉を入れてくれたくらいです。
ともちゃんの学食では豚肉だったんですね。
Posted by muca at 2007年02月27日 21:40
まず丼繋がりでトラックバック張らせて
戴きました。

カツ丼は早稲田にある蕎麦屋「三朝庵」
が開祖らしいですが、どうも開花丼も
蕎麦屋が起源らしいですね。

…と昔、浅草のすし屋の大将に聞いたのだ
が本当だろうか。
Posted by ザ! デイリーさくら at 2007年02月28日 00:22
にゃん吉さん
いらっしゃいませー。

赤の他人の豚と卵が仲良く共存出来るのが、丼もののいい所です。

仲たがいをして、「誰??」
・・・と言い表わしたい味の丼物は御遠慮したいですね。
(⌒∇⌒)

Posted by 石井 けん at 2007年03月02日 00:17
ともちゃん
いらっしゃいませー。

ビンクピッグ・・・良い出来ですか?
ヨカッタよかった。C= (-。- )

豚はキレイ好きで、嗅覚は犬の数千倍、とか・・・
人間の何倍だ??( ̄Д ̄;;

トリュフ探しにかり出されるだけの事はありますね。
只、日本の国内だとぶうぶう言うのが
玉に傷、だとか・・・。

お後が宜しい様で・・・<(_ _)>
Posted by 石井 けん at 2007年03月02日 00:22
杜 藤流さん
いらっしゃませー。

づけ丼、とかは良くやりますが、玉子とじマグロ丼は
初めてです。
「地球に優しい丼」(食卓の内容により、中身が変るのが
唯一の欠点でしょう)
とか、
「もう一花丼」
「再雇用丼」・・なんて
どうですか?( ̄▽ ̄)
・・・どんどん堅実な名前になっていく・・・。
Posted by 石井 けん at 2007年03月02日 00:29
mucaさん
いらっしゃいませー。

牛肉と卵・・・ややもすると親子丼よりも
マイナーな他人丼ですが(そう考えるのは
間違ってますか?( ̄Д ̄;;)

牛肉と卵・・・十分に主役がはれるでしょう。

卵とじのステーキ丼、とかだったりして・・・
( ̄▽ ̄)
Posted by 石井 けん at 2007年03月02日 00:33
ザ! デイリーさくらさん
いらっしゃいませー。

トラックバックありがとうございます。
遅ればせながら、こちらからも。

おお、何時もながらの博学ぶり・・・。
早稲田方面は良く行くので、もし、今も有れば
覗いてみたいですねぇー。( ̄▽ ̄)

丼形式の食べ物は世界各地にありますが、
これだけ、一つの国でバリエーションが多いのは
日本だけでは?と時々考えます。o( ̄ー ̄;)ゞ
Posted by 石井 けん at 2007年03月02日 00:38
他人丼なんて言葉、初めて知りました、今日、母が作ってくれて、『他人丼っていうのよ』って聞かされるまでは、全部、同じ丼物だと思っていました、他人丼って本当にあるんですね、イラストが可愛すぎです、おへそが、×で、たぬきみたいで可愛いです(笑)大笑いしちゃいました、鶏も、誰って(笑)これは小さい子供にも分かりやすくていいと思います、子供が出来たら、こんな丼物があるんだよ、って言ってこのイラストを見せたいぐらいです。
Posted by 太ちゃん大好き姫 at 2014年11月15日 19:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34689086

この記事へのトラックバック

牛丼の品格
Excerpt: 27日の昼、25日で33歳になったオレは吉野家へ行った。 無茶な書き出しに実は少々焦っている。 ま、それはいい。矢のように「大盛、玉子、みそ汁、つゆ だくで!」と注文した。こ..
Weblog: ザ! デイリーさくら
Tracked: 2007-02-28 00:06
海外ドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。