2005年10月30日

北斎展 やっていますね。

え(絵?)ブログ 第10作でございます。


hokusai.jpg


葛飾北斎の展覧会「北斎展」が開かれているそうです。

北斎の名前は知らなくても、富士山の風景を描いた絵は一度は見た事があるでしょう。


日本の浮世絵って海外でも評判が高く、歴史的に有名な画家も収集していたりして、

海外に散らばっている為、代表作を一挙に見られる機会は本当に少なそうです。


今回の北斎展も「100年に一度」の触れ込みです。


以前「写楽展」を見られなかったので、今回はゼッタイ行こうとココロに誓いました。

12/4まで東京国立博物館 平成館にて開かれているそうです。

興味のある方はいってみましょう

posted by 石井 けん at 14:11| Comment(36) | TrackBack(20) | 絵日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてTB有り難うございました。私も北斎展、是非観に行きたいです。
素敵なイラストですね!
Posted by alice-room at 2005年11月01日 01:31
はじめまして。
トラックバックありがとうございました。
イラスト見せていただきました。
なんか、おもしろいです。
まだ見てませんが、「セクシー心理学」ってのもちょっと気になってます。
こちらからもトラックバックさせていただきます〜。

写楽、見たいです。
Posted by かー at 2005年11月01日 01:36
aliceさんTBありがとうございます。
素敵といわれ嬉しい午前二時。
「丑三つ時かいっ」ってツッコミは無しです。
Posted by 石井 けん at 2005年11月01日 02:08
「かー」さんTBありがとうございます。 ぜひ、せくすぃー心理学も御覧になってください。「ヌーディスト精神科医」の所が笑えます
Posted by 石井 けん at 2005年11月01日 02:09
 うまく北斎を盛り込んだ作ですね。ご訪問感謝します。
Posted by 駿 at 2005年11月01日 07:42
はじめまして。藤山はるとと申します。
トラックバックありがとうございました。

素敵なイラストですね。そのままステッカーに
してマグカップにでもはりたいです。

私も「北斎展」見に行こうと思っています!
Posted by はると at 2005年11月01日 09:44
TBありがとうございます。北斎展ぜひ行きたいと思っています。
Posted by シヴァ at 2005年11月01日 20:39
文体ならぬ絵体で、けん様のことが判ったワ♪

北斎♪
私は 絵の興味もあるけど

90歳まで生き抜いた あの強靭な肉体と
「画狂老人卍」期を支えた
パトロンの高井鴻山の経済力にそそられるワ

けん様も 北斎のように 時代のネタを描いてね♪
Posted by 花奴 at 2005年11月02日 08:50
はじめまして、TBありがとうございました。
北斎展はとても盛況で混んでおりました。
北斎の描いたものは、かなり数も多く千差万別で観ていて飽きませんでした。繊細なタッチはいまでも新鮮です。スゴイ!の一言です。ではまた
よろしくお願いいたします。

    
Posted by ヤナギーヌ at 2005年11月03日 23:38
 はじめまして、TBありがとうございます。イラストを見させていただきました。
 焼酎の「●IPANG」の窓絵にまんま使えそうですよね。これからも機会があればよろしくお願いします。
Posted by せみなり at 2005年11月04日 00:22
はじめまして、逆トラバさせていただきました。
絵描きさんですね、どうぞよろぴく!
Posted by ara at 2005年11月04日 10:24
TBありがとうございます!
自分は記事にしておきながら、まだ観に行ってません。混雑してるんだろうなあ・・・。

ところでこの記事のイラスト、かわいくて良いですね!絵心のあるひとは羨ましいです!
Posted by tai at 2005年11月04日 16:35
TBありがとうございますペコリ(o_ _)o))
かわいいイラストですね。

東京であるんですね。
近かったら、いきたかったです。
Posted by taro at 2005年11月04日 20:30
こんばんは。コメントありがとうございます。
今回の北斎展は相当混んでいると思いますので、覚悟が必要かと思います。でも(並ぶというか渋滞というか)混雑は必至なのですが、見る価値はありますよ〜
Posted by オット at 2005年11月05日 02:01
トラックバックありがとうございます。本当に圧巻!でした。どんな無理をしてでも、見る値打ち、大アリですよん。これからも、よろしくお願いします
Posted by noho_hon at 2005年11月05日 08:36
Posted by at 2005年11月05日 09:18
こんばんは。私のブログにTBありがとうございました。
私も北斎展行きたいと思っています。
狙い目は、金曜日の夜でしょうか。開館時間が延長されるので、おじさま、おばさまが帰ったあと、比較的ゆっくり見られるような気がします。
太田美術館、もしまだ行かれたことがなかったら、ぜひ行ってみて下さい。静かでゆっくり見られますよ。(行かれたことがあったらごめんなさい)
Posted by at 2005年11月05日 21:45
こんばんは、はじめまして。はるながといいます。
私のブログにトラックバック、ありがとうございました。
北斎展があるのですね。
私も是非見に行きたいのですが、なにせ地方なものと自分が学生なのが災いして見に行きたくても見に行けない・・・といった感じです。
画集もいいですが、やはり本物にも触れてみたいものです。

では、本当にありがとうございました。
Posted by はるなが しいち at 2005年11月05日 22:14
初めまして、TB有難う御座いますー
イラストのブログ、可愛いですねー
北斎展はゼヒ行きたいんですよ〜
ってまだ行けてないのですけれど(汗)
Posted by 梅沢 at 2005年11月05日 23:00
はじめまして!

今日、「北斎展」に行ってきました。
噂通り凄い人出でした。

東京国立博物館の本館の浮世絵コーナーは、貸切状態・・・堪能してきました。

「潮干狩図」の展示は、明日まで、「蛸図」11月15日から・・・展示期間6段階に分かれていました。お目当ては、確認した方が良いですよ。
Posted by utrillo at 2005年11月05日 23:38
こんばんは、はじめまして。
TBありがとうございました。
「北斎展」は是非私も行こうと思っています。
会場の混雑具合を考えると気後れしそうですが、
そんなことが気にならないくらいの価値を見出せそうで、楽しみです。
Posted by 雛鳥 at 2005年11月06日 00:17
はじめまして。TBありがとうございます。
「北斎展」に行ってまいりましたが今回のは展示数も多くとても行く価値はあると思います、私は北斎に魅せられいろいろな展示会にいったりしているのですが初めて展示されたものとかも数多く。
目録も興味があれば是非購入してみるのもいかがでしょうか。
Posted by いいち at 2005年11月06日 00:35
はじめまして。
TBありがとうございました。

東京では北斎展があるのですね。
あの波の絵は私が想像していたより小さいのですが、
荒波の細かい描写を見ようと人だかりができてましたよ。
ぜひ見に行ってみてください。
Posted by 花(hana) at 2005年11月06日 00:41
北斎の赤富士の記事をTBさせて頂きます。よろしくお願いします。
Posted by メジロ飼い at 2005年11月06日 17:58
こんばんは〜。トラックバックありがとうございました〜。北斎展はとてもボリュームのある展示で、見ごたえがありました。肉筆、絹、版画、奉書紙、いろんな素材にいろんな題材を描いているのが印象的でした。筆が走る画狂人卍北斎の時代の画は有名ですが、軍鶏とか亀、鮎の絵は繊細にして力強く、また、北斎漫画や即興で描いた画は滑稽だし幅の広さを感じます。また行きたいと考えています。
Posted by 小路迷子 at 2005年11月06日 19:19
他の用事もあってついでに奈良から北斎展にいったのですが、用事のほうがどうでもよくなってしまって、後ろ髪をひかれる思いで後を去りました。

奈良国立博物館では、年に1度の正倉院展です。
ようこそ!奈良へ〜
鹿さんのデザイン楽しみにしています。
Posted by monbab at 2005年11月06日 20:36
TBありがとうございます。
かわいいイラストですね!北斎展、
はやく観にいきたいと思います☆
Posted by へき at 2005年11月07日 10:18
TBありがとうございます。
会期中、2回(最初と最後)観に行けば、
今回展示される全作品を見ることができるはず。
今月末、また観に行く予定です。
Posted by とんぼ at 2005年11月07日 13:16
トラックバックありがとうございます。
いやあ、小生のごとき一TV時代劇ファンのサイトにお立ち寄り下さいまして、恐縮に存じます。
西田敏行さんが北斎演じた映画があったような?
北斎展はいい機会ですから、見ておきたいですね!
Posted by アWorker at 2005年11月07日 20:14
先日はTBして下さりありがとうございました。
お返事送れてすみません。
日本では北斎展をやっているんですね。
面白そうです。出来れば観にいきたい!
世界中に散らばった北斎の作品が
一斉に集まるのは夢のようですね。
Posted by 木の葉パン at 2005年11月08日 01:18
けんさん、ハチャです。コメントありがとうございます。素晴らしいイラストですね。ウィットに富んでいると思います。
Posted by ハチャ at 2005年11月10日 23:04
TBありがとうございます!大変遅れてしまって申し訳ありません。私は23日か27日に行く予定です。地元で去年あった北斎展にも行きましたが今回も楽しみです。

ではどうもでした。
Posted by あまのりん at 2005年11月13日 23:53
TBありがとうございました。大変遅れてしまってごめんなさい。北斎展は29日に行きましたが作品数が多く見ごたえがありました。展示作品が入れ替わるので最後の週にまた行きます。
Posted by ponpocopn at 2005年11月25日 17:34
TBありがとうございました。
なかなかブログ見れなくて・・・
挨拶が遅くなってしまいました。

『北斎展』今度の日曜日までですね。
最終の土、日は混んでいるんでしょうね。
それでも、覚悟を決めて観に行こうかなぁ。
Posted by miyu at 2005年11月29日 22:25
遅くなりましたが、TB有難うございます。
11月26日(土)北斎展鑑賞しました。
入場だけで約1時間待ちで、館内は人ひとの波で
鑑賞には苦労しました。人気があるのですね。
Posted by さくらはうす at 2005年11月30日 17:27
うーむ、期間中に行くことができん!北斎展に。
しかし。
1月2日(月)から22日(日)までは江戸東京博物館の第2常設館で浮世絵展「葛飾北斎-富嶽三十六景」がある模様。
せめてこれ見て旅気分にひたろうかな、と。
Posted by アWorker at 2005年12月04日 09:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「もっと知りたい葛飾北斎」永田 生慈 東京美術
Excerpt: 瑞亀図 鎮西八郎為朝外伝 椿説弓張月  採り上げられている絵がとっても綺麗で種類や枚数が豊富なうえに、説明がポイント良くまとめられており、すっごく分かり易い。文章量もこの手のものにしては、それ..
Weblog: 叡智の禁書図書館
Tracked: 2005-11-01 01:30

黒、藍、碧
Excerpt: 分市博物館で開かれてる「浮世絵三大巨匠展」に行ってきました。普段触れることができない世界を観ることができてとってもおもしろかったよ。おばちゃんは許せんけど。
Weblog: ビールと焼酎がすき。大すき。
Tracked: 2005-11-01 01:36

『北斎』 破天荒な巨匠の一生
Excerpt: 著者:石ノ森章太郎  書名:北斎 発行:角川書店 流転度:★★★★☆ 広重、歌麿と並ぶ浮世絵師、葛飾北斎の生涯を石ノ森章太郎が漫画化。1987年初出、文庫化を経て、コンビニ用に一冊化されま..
Weblog: 粗製♪濫読
Tracked: 2005-11-02 08:45

元禄ニ八そば 両ごく 玉屋
Excerpt:  両国の玉屋(写真左)。創業大正8年の老舗。店構えはいかにもだが、店内は気取った感じは無く、ほっとできる雰囲気。「討ち入りそば」「義士御膳」「北斎御膳」なるメニューがある。というのも、京葉道路を渡..
Weblog: 立ち食いそば食べある記
Tracked: 2005-11-02 12:54

葛飾北斎展 -画狂老人卍-
Excerpt: 画狂老人卍 葛飾北斎、晩年の画号です。 ・・・・・こんな名前を名乗っていたとは。 初めて知った。 なんて、ファンキーな、じいちゃんだ! 東京国立博物館・平成館で開催中の北斎展行っ..
Weblog: 日々これケセラセラ
Tracked: 2005-11-02 17:04

今日は昼と夜の長さが同じだとか。
Excerpt:  こんにちは。19歳になったせみなりです。干支に直すなら1.5周で六十支(←マニアックだな〜)ならまだ1/3周もしてないわけですけど(ほかに何かあったかな?)。  というわけで今日は予告どうり923..
Weblog: 二代目!?シュールな満身創痍@〜@
Tracked: 2005-11-04 00:25

福岡ネタ
Excerpt:   9月29日の西日本新聞に「天神を九州の秋葉原」にする計画があると載ってました。国土交通省が福岡・天神地区を秋葉原化してアジアの観光客を呼び込む情報発信地にできないか?とする調査報告をまとめたとの..
Weblog: ara.log
Tracked: 2005-11-04 10:16

「北斎 漫画と春画」
Excerpt: 「北斎 漫画と春画」  浦上満・永田生慈・林美一 他:著 ? 新潮社(とんぼの本)/1989.11.20/1,680円 『冨嶽三十六景』だけでは、北斎を わかったことにはならない。 ..
Weblog: 月灯りの舞
Tracked: 2005-11-04 11:50

葛飾北斎
Excerpt: 葛飾北斎の墓を訪ねました。 銅像に向かうと不思議な気持ちになります。 絵ブログ、面白いですね。
Weblog: 浅草雷門ハウス
Tracked: 2005-11-05 06:06

北斎さんの記事のトラックバックありがとうございます。
Excerpt: けんさま トラックバックありがとうござました。 けんさんの え(絵?)ブログ  を見たら北斎さんなんていうでしょうかネ? 北斎さんは、笑いもわかる大物だと私は思います。 来週いかはるんで..
Weblog: モロッコ雑貨店 モンバーブのウラ門
Tracked: 2005-11-05 07:42

上野で「北斎展」を、見てきました
Excerpt: 上野の東京国立博物館で開催されてる、北斎展に行ってきました。 この上天気のせいか、とにかく上野駅で降りるなり、一般の人々のみならず、遠足の小学生から修学旅行生から、わ??らわら。平日の午前中なの..
Weblog: のほほん便り
Tracked: 2005-11-05 08:33

北斎展ものすごかったぞ
Excerpt: 昨日は久しぶりに週末の晴れ、ということで早起きして北斎展観にいきました。建物の外に行列でもと思ったら全然混んでる様子がなくて安心したのが甘かった、展示スペースは大混雑。しかも作品そのものが割と小さ..
Weblog: takemag remix
Tracked: 2005-11-06 12:52

■ミニ富士山が大流行 (2005.7.30)
Excerpt: 赤富士といえば、たいていの方々はご存知では。北斎の浮世絵。赤富士とまではいかな
Weblog: アートを楽しく ―アートを身近に楽しんで頂けたら―
Tracked: 2005-11-06 17:57

病院へ行く。そして北斎を観る。
Excerpt: 今日は月一回の、恒例通院の日。ある株を買い値入れてからばたばたとでかけた。ここ5日ばかりどんどん上がる株価。だーーー。買ったのは上がらない。ところで、今週号の新潮に、な、なんと!川崎ハロウィンがグラビ..
Weblog: 今日も夜更し
Tracked: 2005-11-06 19:12

『北斎』見に行ったヨ@ヨウ
Excerpt: 平日の11時頃に行きましたが、大変人が多かったように思います。 会場は2列が平行移動するかんじ。 作品保護の為に照明が落してあるから、近寄らないと見えないです。 作品数は300点程。かなりあ..
Weblog: 日日■日綴 
Tracked: 2005-11-06 21:27

ぬりえのベンキョー「ぬりえ礼讃」アップです!@ヨウ
Excerpt: 「めんこ専門店メンコやさん」にて、コラム「ぬりえ礼讃」がアップされました。 北斎翁の話しを引っ張ってみましたが、なかなか読めなくてヲベロンさんに読んでもらったり、大変お世話になりましたー えへへ。..
Weblog: 日日■日綴 
Tracked: 2005-11-06 21:28

「北斎展」
Excerpt: 中村雄二郎氏の次の文章は大変興味深い。 春たけなわなに、団体のバス旅行に参加したある奥さんが旅行でいちばん印象深かったところは?と聞かれとっさに「紅葉がとてもきれいで…」と言いかけてビックリしたとい..
Weblog: 弐代目・青い日記帳
Tracked: 2005-11-06 22:02

北斎展
Excerpt: 上野の国立博物館で開かれている「葛飾北斎展」へ行ってきました。 出だしがちょっと遅れたため、上野についたのは午後2時過ぎでした。おかげで会場に入るまでに30分待ちの行列が出来ていました。ま、前回ここ..
Weblog: TARO's RooM 別荘
Tracked: 2005-11-13 23:27

北斎展@東京国立博物館
Excerpt: 何から書いていいのかわからない。。 見応えあったけど「とにかく疲れました」 この一言に尽きてしまうのである。
Weblog: KINGDOM OF KATHARINE
Tracked: 2005-11-22 22:52

北斎展
Excerpt:  上野の国立博物館「北斎展」を見に行く.その前に,上野公園ですれ違う人々を撮る.
Weblog: Heliograph(太陽の描く絵)
Tracked: 2005-11-26 01:58
海外ドラマ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。