2006年03月09日

なりきり料理シリーズその35っっ。「たまごスープっっ。」

え(絵?)ブログ 94作でございますっ。

なりきり料理シリーズその35っっ。

「たまごスープっっ。」・・・泳いでます・・・。

たまごスープ.jpg

たまごスープ。結構トロ味がついているのが好きですね。

こってりした料理を食べる前にピッタリですよね。

トロ味のついているスープの中で泳ぐタマゴ・・・

見栄えの都合でスープは濃い色ですが、中華料理のコースとかで出て来る、透明なスープがいいです。

この、なりきり料理シリーズは一応、材料に「たまご」か「とり肉」を使っている料理が題材となってます。


いままで、ほとんど「たまご」の料理を取り上げているので、「とり肉」はこれからの登場となります。

ネタ集めの為、料理本とか雑誌の料理ページとか見るんですが、たまごとかトリの料理って結構多いです。

しかし、「とり肉と○○と○○の×△炒め、○○風」とか余り、一般的で無い料理を見ると

「コレは使えないなぁ・・・」と少しだけがっかりします。





posted by 石井 けん at 23:19| Comment(4) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

なりきり料理シリーズその34っっ。「スクランブルエッグっっ。」

え(絵?)ブログ 93作でございますっ。

なりきり料理シリーズその34っっ。

「スクランブルエッグっっ。」起床後のメニューですが・・・。

skuranble.jpg

我が家ではほぼ、作らないメニューなのですが、ホテルの朝食メニューでは定番ですよね。

旅行の朝食メニューとかスキー場の朝食メニューとか朝の眠いアタマとカラダでもさもさ食べるのが

自分の中の定番になっております。言うなれば、お出かけした時のメニュー。

昔、ひとり暮らしの時、挑戦したコトがあるんですが、大体こんなカンジだろう、と作ったんですが、見事な創作料理に・・・ぐちゃぐちゃの卵焼きの残骸の様になってしまいました。おまけに味も外で食べるのとぜんぜんちがう・・・

バターとか入れるのが基本だと、今回初めて知りました。

昨日、ラジオで「宴会の席でノリであの、イナバウァー、をやってぎっくり腰になった会社の上司」と言う話を紹介していました。

内容としては、それに限り無く近い気がします・・・・。



posted by 石井 けん at 10:29| Comment(2) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

なりきり料理シリーズその33っっ。「バウムクーヘンっっ。」

え(絵?)ブログ 91作でございますっ。

なりきり料理シリーズその33っっ。

「バウムクーヘンっっ。」なりきる、というか単にはまってだけか?・・・。

baumkuhen.jpg


バウムクーヘン、好きです。あの年輪が・・・


あれは絶対ウチでは作れませんよね。(お菓子屋さん除く)

コドモの頃は年輪をはがす様に食べたものですが・・・え?しませんか?

カットされたものもコンビニ等で売られてますが、やっぱり小さくとも丸々としていた方がいいです。

あんまりバリエーションを見かけないのが、残念です。

(生クリームとかチョコとかイチゴとか使ったりして・・・)




posted by 石井 けん at 23:29| Comment(2) | TrackBack(2) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

なりきり料理シリーズその32っっ。「和風三色弁当っっ。」

え(絵?)ブログ 89作でございますっ。

なりきり料理シリーズその32っっ。

「和風三色弁当っっ。」(桜でんぶ、鶏そぼろ、タマゴそぼろ)・・・適度にうもれてます・・・。

tamogosoboro.jpg

日本のコドモ弁当に欠かせないアイテムがこの3つかと・・・(2006年  石井 けん独り調査より)

僕が一番好きだったのは「桜でんぷ」

あれ、自分のウチでは作れないんでしょうか?・・・とふと考えましたが、

もうちょっとよく、考えてみると、何から出来ているのかまったく分かっていない自分を発見。

好きだ、と言いながら、相手の素性も分かっていない・・・まるでストーカー男の様ですが、

敢えてそこには触れずに・・・

チラシ寿司にも使われるこれ、ここの部分だけ、好んで食してましたね。

あの、桜色の綺麗な色合いがとてもスキでした。今でも好きですが、食べる機会がめっきり減りましたね。

ああっ桜でんぶ・・・・って

なんか、タマゴや鶏料理と関係ない方向じゃないか?





posted by 石井 けん at 23:23| Comment(2) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月28日

なりきり料理シリーズその31っっ。「タマゴチャーハンっっ。」

え(絵?)ブログ 86作でございますっ。

なりきり料理シリーズその31っっ。

「タマゴチャーハンっっ。」(ザーサイ付き、金華ハム入り)・・・ほっかほからしい・・・。

tamagochahan.jpg

炒飯、好きなんですよ。

中華料理店に行くとまず、炒飯のトコロに目が行きますね。

チャーハンなら、けっこう量があっても食べ切ります。勝率99パーセント。

(・・・一体、何と戦っているのか??)



以前、カナダのバンクーバーに旅行したコトがあったのですが、中華街へ行き、

チャーハン(たしか、fried rice とかいったかも)を頼んだのですが、量が桁外れ・・・

生涯でたった一度、たのんだチャーハンを残しました。ああ、黒星。(味は旨かったですよ。)



タマゴチャーハン。材料はシンプルなので意気込んで作ったりしたコト、あるんですが、

自分で作るとべたべた、ごてごての正体不明の食物になるのは何故でしょう。

楽しいはずのお食事が一転、苦行の場に・・・「残しては、イケナイ・・・」と。



妻が「今日は炒飯でいい?」と言うとそれがシンプルな炒飯であっても

「まあ、炒飯なら・・・」と思ってしまいます。

posted by 石井 けん at 02:36| Comment(6) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月26日

なりきり料理シリーズその30っっ。「ティラミスっっ。」

え(絵?)ブログ 84作でございますっ。

なりきり料理シリーズその30っっ。

「ティラミスっっ。」・・・・揺らさないでっ・・・。

tiramisu.jpg

なりきり料理シリーズもやっと30回。

「トリノオリンピック記念イタリアスペシャル」??も今回が最終回。



今朝の男子アルペン、メダルまで惜しかったですが、50年振りの入賞、2人が10位以内は史上初です。

10数年前まではワールドカップで入賞すらほとんど無かったんですから、スゴイです。

おめでとうございます、と言いたい。



・・・と言う訳で(何が?)食事の後のデザートで締めくくりです。


一時期、物凄いブームになりましたね。ティラミス。

ブームに何ぞのってたまるかぁー。と食べたのはブームも下火になった頃でした。


最近、自分の「美味しい食べ物リスト」に入ってるんですが、

同時に「ヒヨコ体型」に向かわない様に「危険な食べ物リスト」にも入っています。


ああ、神様、食べても太らない(逆に痩せたりする)体質を下さいまし・・・m(゚- ゚ )カミサマ!。







posted by 石井 けん at 12:09| Comment(6) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月25日

なりきりシリーズ番外編っっ。「金メダルっっ。」

え(絵?)ブログ 83作でございますっ。

なりきりシリーズ番外編っっ。

「金メダルっっ。」・・・・憧れらしいです・・・。

medal.jpg

今更ながら、女子フィギヤアのメダル、おめでとうございます。といいたいです。

前日の夜から妻が徹夜する、と言い出し、結局うたた寝をしてしまった様子でしたが、

朝6時に起きた僕が起こし、一緒に観戦。

出勤時間ギリギリまでテレビを見ていました。

日本のメダルゼロ行進はこの日の為??とまで思わず考えるほど、感動。

オリンピックももうすぐ終りますが、選手の皆さん、お疲れさ様でした、と言いたいです。



昨日は夕方6時から始まった会社の会議が夜中の1時までかかりました。

流石にブログの更新は諦めました。(ノд-。)クスン見に来て頂いた方、すいません。
























posted by 石井 けん at 23:42| Comment(2) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月23日

なりきり料理シリーズその29っっ。「タマゴ豆腐っっ。」

え(絵?)ブログ 82作でございますっ。

なりきり料理シリーズその29っっ。

「タマゴ豆腐っっ。」のどごしツルリッ。

tamagotoufu.jpg

トリノオリンピック祭?でイタリア料理を描いていますが、料理の本を見ていたら

「卵豆腐」のページが眼に止まり、涼し気なのでつい・・・・

こってり系の食事の合間にはこういうモノもいいかなぁ・・・と。

今回は文章もサッパリとしてみました。決して手抜きではありませんよ。ええ。
posted by 石井 けん at 23:47| Comment(2) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月20日

なりきり料理シリーズその28っっ。「カルボナーラっっ。」

え(絵?)ブログ 79作でございますっ。

なりきり料理シリーズその28っっ。

「カルボナーラっっ。」よーく絡めて絡めて・・・・、絡まってしまいました・・・。

がんばれニッポン、箸付きです。

carbonara.jpg

昨日のピザに続き、トリノ五輪記念、がんばれニッポン的イタリア料理で攻めてみました。



タマゴを使ったパスタの代表格と言えますが、意外と材料はシンプルなんですね。知りませんでした。

卵黄、生クリーム、パルメザンチーズ、ベーコン、塩、コショウ、そしてパスタ・・・

・・・・パスタ?・・・そう言えば、僕の小さい頃はパスタとは言わなかったなぁ・・・・

スパゲティでした。しかも、スパと言えば、ナポリタンでした。(ウチの地方だけ?)

ナポリタンと言えばスパゲティ、スパゲティと言えばナポリタン・・・だった様な気がします。

給食もあの真っ赤なナポリタンで統一、あるイミ日本が(スパについて)ひとつになっていた時代?

・・・と言うのはウチの地方だけ?(北海道)

それが、いつの間にか、パスタとなって「クリームソース」とか「タラコ」とか分家が増殖。

人と言うのは現金なモノで新しいものが出てくると「ああ、コレこそ本場の味っ」勝手に考えたりします。

そんな僕も、今はやはり和風「パスタ」が好きな人間になってしまいました。

でも、たまにあの真っ赤なナポリタンが食べたくなります。

ああ、こんなコト描いてしまっては「カルボナーラ」の立場が無い・・・。






















posted by 石井 けん at 23:21| Comment(6) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月19日

なりきり料理シリーズその27っっ。「ピザっっ。」

え(絵?)ブログ 78作でございますっ。

なりきり料理シリーズその27っっ。

「ピザっっ。」(テリヤキチキン&エッグ・きざみ海苔トッピング・チーズたっぷりスペシャル)

pizza.jpg

御注文のピザお届けします。

トリノオリンピックでの日本のメダル獲得をお祈りして、厳粛なキモチで正座してます。

むかし「ピザって10回言って。」「ピザピザピザ・・・」「じゃあ、ここは何?」「ヒザ。」「肘だよ。」なんてギャグが流行ったなぁ、でも、それを書いてしまうと話が逸れてしまいそうなので、って書いた後気づきました。心ある方はスルーして読んで下さい。


ピザかぁ・・・しばらく食べてません。おまけにテリヤキチキン味もエッグ味もメニューでは見た事あるんですが、口にしたコトはないんです。いつも頼むのはミックス系・・・無難な人生を歩んでいるな・・・と素直に感じます。

具のナカミよりもやっぱりピザはチーズですね。あの糸をひく感じはたまりません。

小学校の時、当時住んでいた北海道から東京へ遊びに来た時初めて「ピザ」なるものを食し、
物凄く感動、と言うか食べた事の無い代物であり、納豆やとろろとは違った糸ひき感に一種のカルチャーショックを覚えました。今だにチーズの伸びがイイと嬉しくなります。


以前、海外旅行をした時にピザを注文し、注文時「TWO IN ONE?」と何度も聞かれました。

イミがわからないままに 「・・・YES」と答えた所、何とピザ2枚が出て来ました。違いますー・・・と言う英語力と度胸が無かった為、特大ピザ2枚は2食分の食事に...

でも食べきれなかった。チェックアウトの時間ぎりぎりまで頑張ったのに・・・

それにしても「TWO IN ONE」とは何ぞや?
誰か御存じ無いですか?


昨日の朝から夕方までサーバーが再び工事中。夕方から病院&実家へお泊まりだったので
書き上げた記事が投稿出来ず、思わずハンカチを噛んでくやし浪・・・・。


























posted by 石井 けん at 22:42| Comment(10) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月15日

なりきり料理シリーズその26っっ。「パンケーキっっ。」

え(絵?)ブログ 76作でございますっ。

なりきり料理シリーズその26っっ。

「パンケーキっっ。」厚め。・・・・お昼寝中。起こさないで下さい。

pancake.jpg

妻からはダメ出しをされる、シロップひたひたのパンケーキを食べるのがとても好きな、石井 けんです。


それだけ好きながら、正直、パンケーキとホットケーキの違いが分りません。

好きだけど、違いまでは分らない・・・世の中の骨董品好きに良くいそうなタイプかもしれません。

当然、食べると分かるんですが、見た目はアツさが違うとか、そう言った初歩的なコトしか分りません。

例えるなら、一目みただけでイギリス人とフランス人を100人見分けなさい。ミスなく。

・・・・位、難しいです。

薄めの生地でだらんっともたれ合うパンケーキが支え合う夫婦の縮図、または「人」と言う文字を連想させる・・・・みたいなコトは誰も言ってませんが、

厚手の「ホットケーキ」がおやつ本番、とすれば、「パンケーキ」は小腹が空いた時に気軽に食べられる軽食の代表と言えましょう。

うんっ。キレイにまとまったぞ。













posted by 石井 けん at 16:47| Comment(3) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月13日

なりきり料理シリーズその25っっ。「茶わん蒸しっっ。」

え(絵?)ブログ 74作でございますっ。

なりきり料理シリーズその25っっ。

「茶わん蒸しっっ。」エビ大入り。・・・フタが閉りません。悪しからず。

chawanmushi.jpg

茶わん蒸し。好物です。

3個位はいけてしまうかも、加えて、酒のつまみとして出て来ても文句はまったく無し、なんです。

正月等、季節毎の折々に実家に遊びに行く時はこれをオーダーします。

エビ、とり肉、ぎんなん、三つ葉、椎茸、カマボコ。と標準的な具では無いかと思います。

同じ、タマゴを使ったぷるぷる食感の料理が片や西洋では「プディング」で片や日本では「茶わん蒸し」となるんだなぁー。ああっ世界って広いっ。

茶わん蒸しの起原とか調べてみたんですが、分りませんでした。

京都辺りがふるさとなんでしょうか?うーむ・・・。











posted by 石井 けん at 05:55| Comment(8) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月12日

なりきり料理シリーズその24っっ。「月見そばっっ。」

え(絵?)ブログ 73作でございますっ。

なりきり料理シリーズその24っっ。

「月見そばっっ。」たまご2個、シンクロタイプ。・・・お食事の途中ですが、演技が白熱しております。

tsukimisoba.jpg

冬期オリンピック開催中、というコトで、シンクロナイズドスイミング風ですが・・・
ナニかが違う・・・でも、多分小さい事ですね。気にしない。気にしない。



「月見そば。」 ただ、かけそばにタマゴを割り入れただけのメニュー・・・

タマゴ料理の本を見ても

当たり前ですが、レシピすら載っていません。



コレをタマゴ料理として認めるのは、例えれば

「フランスから日帰りでやって来ている旅行者を日本国民として扱う」

・・・位強引かもしれませんし・・・

そして、そもそもフランスから日帰り旅行は物理的に無理なのかもしれませんが・・・

敢えて「これはタマゴ料理だ」としてしまいます。

さて、月見そば論争を勝手に起こして自己完結したトコロで・・・



月見そば、たまごを割り入れて「お月見」とは風流な食べ物です。

水面に映るお月様・・・ホットな食べ物なのに、涼し気です。

もし、考えたのが、メキシコ出身の料理人とかだったら

「僕らの守り神、天の恵み、太陽そば。」

とか、暑い暑いアツーーーイ名前になっていたんでしょうか?
(別にメキシコ嫌いなワケでも何でもありませんので、勘違いしないで下さい。)




月見そば、と言えば、タマゴを混ぜるのが先か後かの話しをたまに聞きますが、

これを御覧の全国8300万人の「月見そば愛好会」の方々、どうでしょうか?

特にサラリーマンの方っ。



僕は最初に混ぜてしまう派、の方です。

もちろん、おつゆまでキチンと頂くので、多分、体には優しくないかも・・・








posted by 石井 けん at 13:06| Comment(6) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月10日

なりきり料理シリーズその23っ。「むしケーキっっ。」

え(絵?)ブログ 71作でございますっ。

なりきり料理シリーズその23っ。

「むしケーキっっ。」・・・・減量中。

mushita cake.jpg

むしケーキ、好きなんです。

あの、しっとりしていて、カステラよりも甘さ控え目、適度にたべ応えがあり、微妙にオナカにたまるカンジ・・・・

それでいて、素朴で、口にし易く、毎食だとちょっと物足りないかなーという感じ。(ホントに好きなのか?)

和の食べ物で対抗出来るのは「すあま」でしょうか?

仕事中、小腹が空いた時、たまに口うにします。(ホントに好きなのか???)

むしケーキ。生まれは何処???由来を知りたくてネット検索っっ。

トップに表示は「完全無料。恋愛支援サイト」????

まあ、スポンサーだからしょうがないよね。でも、結局情報得られず。

日本生まれだったら何となく嬉しいなぁー。


posted by 石井 けん at 22:59| Comment(4) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

なりきり料理シリーズその22っ。「エクレアっっ。」

え(絵?)ブログ 69作でございますっ。

なりきり料理シリーズその22っ。

「エクレアっっ。」・・・・作成中。

ekurea 1.jpg
エクレア、実はシュークリームより好きです。


今回「エクレア」について調べてみたんですが、フランス語の「エクレール」と言うコトバがモトらしいですね。

この「エクレール」は「雷、稲妻」と言う意味が有る様です。

さて、ここで、日常生活に生かす「エクレア講座ー」

ちょっとしたストレスになる日常場面も「エクレア」を使えば、あっと言う間に「癒し」の時間にできます。

例:「そろそろ、部長のカミナリが落ちそうだな。」
・・・こんな、胃が痛くなる場面でも、もう、安心。
   「そろそろ、部長のエクレアが落ちそうだな。」
・・・どうでうか?場面の一変しただけでなく、カミナリを落とすはずの部長さんがイイひとに見えてきまっせんか?


サッカーの試合で大活躍の友だちへおくるコトバ。
「お前ってまるでフィールドを駆ける 青い稲妻だな」
こんな歯の浮くセリフも、もう大丈夫。
「君ってまるでフィールドを駆ける「青いエクレアだな」
もはや、ほめコトバになってないばかりか、カビが生えている危険すら漂わせます。

でも、そもそも青い稲妻 なんて表現つかって欲しく無い、と考えるのは、僕だけでしょうか?

地震、エクレア、火事、親父。・・・・これなら、怖くありません。

こんな具合に「エクレア」(正しくはエクレール。ですが)と言うコトバ一つで、人生バラ色です。

ビバッエクレア。

でも、何故、エクレアって細長いんだろう????丸でもいいじゃん、と思うのは僕だけ???
posted by 石井 けん at 13:13| Comment(9) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

なりきり料理シリーズその21っ。「シュークリームっ。」

え(絵?)ブログ 67作でございますっ。

なりきり料理シリーズその21っ。

「シュークリーム」・・・6個入り2個おまけ付き。

おやつの定番の一つと勝手に思ってます。「シュークリーム。」

和菓子であのぱりぱり皮に対抗出来るのは「最中」でしょうね。

cream puff.jpg


ひと昔前のモノはクリームが中に隠れてましたが、

ケーキ屋さんで売っているモノでは、パックリと口を開けたものもありますね。

はみでる程のたっぷりのクリームがお得感覚なのですが、食べずらいので(食べ方下手?)

中に収まっているタイプが好みです。


ついでに言うと生クリームよりもカスタードクリームの方が好きだったりします。

暑い夏はシューアイスもけっこうイケるなぁー



コーヒーゼリーが入ったり、と言った「分家」のモノはたまに見かけますが、

「ひき肉」とか「エビチリ」とか、和のおやきで時々見られる「創作料理」風のアレンジには

まだ、出くわした事がありません。誰か勇気のある方、試しにつくんないかなぁー。



ちなみに英語圏で「シュークリーム」と言うと「靴用のクリーム」が出てくる様です。

「クリーム・パフ」と言うのが正しい様です。
posted by 石井 けん at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月01日

なりきり料理シリーズその20っ。「とろろっっ。」

え(絵?)ブログ 62作でございますっ。

なりきり料理シリーズその20っ。

「とろろっっ。」・・・少し、イヤな様子。

tororo.jpg

仕事で歩いていると駅で「とろろ」の宣伝チラシを発見。

「とろろそば」の紹介でしたが、タマゴののったとろろがとても美味しそうでした。



僕がコドモの頃は食卓に当たり前の様に「とろろ」がのっていて、

タマゴと少し醤油を垂らしてゴハンにかけて食べたのを思い出します。



コドモの頃はあの独特のぬるぬるがなんとなくイヤでしたが、

オトナになってみると、とろろそばの美味しさに目覚め、今はイヤではありません。

今の食卓にとろろがのるコトあるのかなぁー。
posted by 石井 けん at 02:42| Comment(6) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

なりきり料理シリーズその19っ。「太巻きっっ。」

え(絵?)ブログ 61作でございますっ。

なりきり料理シリーズその19っ。

「太巻きっっ。」・・・たまご大増量。手づかみでどうぞ。

futomaki 1.jpg

太巻きって余り食べないのですが、

コンビニとかの「恵方巻き」(でしたっけ?)の宣伝の為か、太巻きが大人気ですね。

その年の縁起のいい方角を向いて「無言で」がぶり、と太巻きを食べる、というアレです。

もともと大阪辺りの節分の風習とのコトですが、

商売の客入りが悪い2月、8月をねらった「イベント」である。という見方もある様です。

いずれにしても・・・・

2月3日に日本中で何万人ものヒトが一つの方向を向いて太巻きを無言でがぶり・・・・

冷静に考えてみれば、すごい光景です。

posted by 石井 けん at 02:28| Comment(2) | TrackBack(1) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

なりきり料理シリーズその18っ。「おでんっっ。」

え(絵?)ブログ 58作でございますっ。

なりきり料理シリーズその18っ。

「おでんっっ。」(・・・いかないでっ。・・・きっとまた会えるさぁー。)

odentamago.jpg

冬の定番、おでん。

たまご、ダイコン、ちくわ、ちくわぶ、はんぺん、たこ、ウインナー巻き、白滝、こんにゃく、餅入りきんちゃく・・・・・・

キライな具が無いくらいスキです。

ごはんのおかずにしても良し。酒のつまみにしても良し。間食に良し。と天下無敵です。

シチューやポトフに並ぶ、世界に誇れる日本の代表的家庭料理・・・・と言ったら言い過ぎでしょうか?

なんだか、食べたくなりました。



posted by 石井 けん at 11:55| Comment(6) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

なりきり料理シリーズその17っ。「ゆでタマゴっっ。」(戦い中)

え(絵?)ブログ 57作でございますっ。

なりきり料理シリーズその17っ。

「ゆでタマゴっっ。」・・・・真剣、スプーンどりっっ。

yudetamago.jpg

よく、映画でこんな食器で食べるシーンがあったりしますが、あれは殻を割るのにどうするんでしょうか?

コックの方が殻をとって食器に入れてくれるんでしょうか?


分らなかったので、図書館でタマゴ料理の本を借りて来ました。

借りて来たタマゴ料理の本では殻つきで食器に入ってます。

これが一般的なのか??うーん・・・

やっぱり、スプーンか何かで「こんっ」たたいてと割るのかなー?とふと考えました。



ゆでタマゴには普通に塩をかけて頂きます。やっぱり半熟がいいなぁー。

堅ゆではぱさぱさ感がイマイチです。

もし、不幸にして、堅ゆでであがってしまった時にたまたま出来そこなって(?)混じっていた半熟に

当ると「当たりー」とちょっとくじ運(?)の強い自分をほめてあげたくなります。




posted by 石井 けん at 13:59| Comment(8) | TrackBack(0) | なりきり料理シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。