2006年03月11日

日本の風物シリーズ 第4作っ。「流しヒナっっ。」

え(絵?)ブログ 96作でございますっ。

日本の風物シリーズ 第4作っ。「流しヒナっっ。」・・・

nagarehina.jpg

ちょっと違うだろっ・・・とツッコミをココロの中で入れた方々、

※イラストはイメージです・・・・。某映画をイメージしましたが、あくまでイメージです。

おヒナ樣は不法投棄しない様にしましょう・・・

「流し雛」と言う風習は地方には残っているらしいですね。

何でも、紙や木で作った人形に自らの厄をうつし、海や川へ流す、と言うコトらしいですね。

お雛様自体余り縁が無いので、流し雛はもっと縁がありません。

例えれば、自動車すら余りみた事が無いのに「F-1レース」について語ろうとする様なもんです・・・

こう言う風習も地方によって微妙に違うんだろうなぁー。







posted by 石井 けん at 23:35| Comment(8) | TrackBack(1) | 日本の風物シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

日本の風物シリーズ 第3作っ。「おヒナさまっっ。」

え(絵?)ブログ 88作でございますっ。

日本の風物シリーズ 第3作っ。「おヒナさまっっ。」・・・集まりと飾り付けが遅い様です。

hinadankansei.jpg

一応、五葮飾りですが、衣装無しなので、分りづらいですね。

上から女雛、男雛、ついで三人官女、次が右大臣、左大臣、その下が五人囃、そして三仕丁

です。まん中辺りのパソコンは見て頂いている方との橋渡し役がパソコンと言う事で

IT時代のおヒナ様グッズとして、追加しました。



ウチの家は男兄弟だったので、このイベントには無縁でした。

結構地味目な「端午の節句」に比べて「桃の節句」は華やかそうで、ヒナあられや菱モチがやけに美味しそうに見えたモノです。ええ、花より団子な見方をするヤツと思って頂いて結構です。

「女の子の節句が7段飾りとかなら、男の子の節句もせめて3段位にすればいいのに・・・」とも少ーしだけ思った思い出があります。

帰りがけにコンビニに寄ったら「ひな祭りケーキ」とか売ってました。

そのウチ「ひな祭り特別ディナーコース」・・・とかやるレストランとか

「ひな祭り記念ジュエリー」とか「ロレックスひな祭りバージョン」とか

出て来るかもしれません・・・。


ヒヨで統一してみましたが、「ヒナ」祭りですので・・・お後が宜しい様で・・・・・。








posted by 石井 けん at 23:07| Comment(8) | TrackBack(2) | 日本の風物シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

日本の風物シリーズ 第2作っ。「たこあげっっ。」

え(絵?)ブログ 87作でございますっ。

日本の風物シリーズ 第2作っ。「たこあげっっ。」

別にタコを揚げているワケではないのは分かって頂けると確信しています。

また、そんなベタな事、言わなくていいよ。・・・と思って頂けることも確信して、本題へ突入。


子どもの頃の石井 けんは小学校の工作の授業で凧を作り、暫くお気に入りだった事を覚えています。

takoage.jpg

ふと、凧上げって余り見かけないなぁー、と思いました。

でも、おもちゃ屋さんへ行くと凧は売っているし、人気の絵柄は売り切れです。

去年のお正月姪っこ達と凧上げでもしようと思い立ち、おもちゃ屋へ向かったのですが、

これが、意外に人気商品で、残っているのはどうみても女の子受けのしそうにない

白頭鷲のいかついカオのイラスト・・・・。


本題からかなり逸れたようです・・・つまり、凧上げ人が絶滅した訳ではないのは明らかです。

・・・が、みんな何処で凧上げをしているんでしょうか?

僕の育ったトコロは北海道ですので、結構、凧の糸を目一杯のばしても周りにぶつかったりする心配が

ない環境でした。

都会の中心部に住んでいる子ども達はどうしてるんだろう、とふと、思います。

公園でも見かけないしね・・・







posted by 石井 けん at 02:56| Comment(8) | TrackBack(1) | 日本の風物シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

巫女さんって、体育会系???

え(絵?)ブログ 66作でございますっ。

明日は夕方から雪が降りそうな関東地方からお送りしています。

そのせいかすっごく寒い。足下から冷えています。

miko mame.jpg

節分の豆まきで神社等でも行われたりしてましたが、

あれを見ていて思いました。

「巫女さんって寒そう・・・」

正月に初詣でに行った時も巫女さんからおとそを頂いたのですが、一瞬に思った事

「すっごい寒そう。」

ある程度、中にも着たり、貼るカイロとかも使うんでしょうが、真冬にあの出立ちはどうなんでしょうか?

首回りから暖かさがどんどん逃げて行きそうです。

ああいう方達は普段からあんなカッコをしているワケじゃないでしょうし、アルバイトの方も結構いらっしゃるのかもしれませんし・・・




ちなみにお正月頂いたのは明らかに日本酒なのですが、本来のおとそとはただのお酒では無い様ですね。

山椒とか色々な薬草を調合したものを混ぜた、いわば「薬酒」の様なモノである様です。

いままでは、お正月に厄払いに飲む日本酒がおとそだとばかり思ってましたよ。


ああ、恥ずかしい。

posted by 石井 けん at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の風物シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

節分。続き。

え(絵?)ブログ 65作でございますっ。

豆マキクイズいかがでしたか?

dame.jpg


え?余計わかんないって?

正解は2つに別れます。実は。

全国的には・・・

「1」落花生。が正解です。東北地方に多く見られると言う事ですが、まいたマメを衛生的にリサイクルできる。先人達の知恵。とでももうしましょうか。

我が家的には・・・・

2「袋入りマメ」。

普通の炒ったマメをビニール袋に積めて投げる。と言う日本古来の風習に真っ向から対立する行いですが、一部の主婦からは同意のコトバをもらいそうです。

一つの袋には20個近いマメが入っていますが、昨日は帰宅直後、10袋程を投げられ、また、足下に落ちたモノを投げられ、合計200豆位はくらったと思います。


・・・・どうでしたか?

あっっっっっ。豆を投げないで。怒りの豆が・・・・

posted by 石井 けん at 23:08| Comment(2) | TrackBack(1) | 日本の風物シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月03日

新シリーズ。「日本の風物。ヒヨ。」その一「節分っっ。」

え(絵?)ブログ 64作でございますっ。

唐突ですが、新シリーズの開始です。

名付けて「日本の風物ヒヨ」シリーズ です。

第一回目は

「節分」

豆まき、ですね。

そもそも、節分は年に4回ある様です。立春とか季節の変わり目を知らせる日の前ですね。

その中で、特に重要な?のが立春の日の前の節分で一般的に節分と通りがいいのが、この2月3日でしょう。

お寺とか神社でも「鬼は外、福は内」と言ったり、観音様がいるトコロでは「鬼は居ない」とのコトで

「福は内」のみのかけ声だったりする様子です。

何分、日本の風物には素人ですので、もし、「ブー。ちがうよ。」と思ったら躊躇せず、御指摘のコメントをお願いします。



さて、ここで問題です。

記念すべき第一回目から、すでに別路線を走っている気がするのは自分だけでしょうか?

・・・ネットの為か、「そうだよ。」と言う声が聞こえないので、取りあえず、先に進みます。

節分には、マメをまきますが、普通のマメ以外もまく地方がある様です。



次にあげる3つのウチ、実際にまかれているのはどれでしょうか。(複数解答可、制限時間3秒)

1.落花生

2.袋入りマメ

3.金平糖

dore.gif


・・・・どうでしたか?

答えは明日。

posted by 石井 けん at 22:45| Comment(8) | TrackBack(0) | 日本の風物シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
海外ドラマ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。